Sólstafir

ソルスターフィア

Aðalbjörn Tryggvason(アザルビョールン・トリッグヴァソン)(愛称Addi、アッディ、ギター、ヴォーカル)を中心に1995年から活動するレイキャビク出身のバンド。Sólstafir(ソルススターフィアと表記されているが、「ア」に該当する母音は含まれておらず、ソルスターフィルの方が実際の発音に近い)のバンド名は、アイスランド語で「放射される太陽光線」、「薄明光線」、「御光」などという意味である。

来日時にAddiに確認したところ、宗教的な意味はなく、雲間から差し込む光のイメージで、悲惨な時にも明るい側面が見えてくる状況を思い描いて、バンド名として相応しいと思いついたとのことである。

2015年6月時点の正式メンバーは、Aðalbjörn Tryggvason (愛称Addi)(アッディ) - Guitars, Vocals (1995-present)、Svavar Austmann(スヴァファル アウスツマン)(愛称Svabbi)(スヴァッビ) - Bass (1999-present)、Sæþór Maríus Sæþórsson (サイゾル マリウス サイゾルッソン)(愛称Pjúddi)(ピュッヂ)- Guitars (1999-present)の3名とされている。

当初の音楽性はヴァイキング/ブラックメタルであったが、その後様々な音楽性を取り入れており、ポスト・ロック/ポスト・メタル/プログレッシブ・メタル色が強いものの、その多様性から現在のバンドの音楽性を特定するのは困難である。

歌詞はアイスランド語中心であるが、過去作には英語の歌詞のものもある。
来日時にAddiに確認したところ、自分達の作る音楽にぴったりくる言語ということで、今はアイスランド語の歌詞のみだそうだ。彼によると古代アイスランド語詩にも英語詩のrhymeを始めとするような取り決めがあったとのことで、Ásgeirが自らの曲のアイスランド語詩の創作時に取り決めに通じている父親と協働したとのインタヴューを思い起こさせた。

当初は自然やペイガニズムを歌い、現在はディプレッション、エモーションを主題としている。『Ótta』までの数作はヨーロッパでとりわけ評価が高い。代表曲は、4thアルバム『Svartir Sandar』収録の"Fjara"、5thアルバム『Ótta』収録の"Lágnætti"などがあげられる。

ここ数作の音楽性については、「The Hellacoptersがアートスクールに通ってバリウムをたくさんやったらこんな音になるだろう」、「Entombedの 『DCLXVI - To Ride, Shoot Straight, and Speak The Truth』を聴いているときにNachtmystiumとAlice In ChainsとNeurosisにたたきのめされるような音」、「Sigur Rósがメタルになった!」、「このアルバムは、MuseやMogwaiと似ているのと同じくらいにMotörheadにも似ている。」、「Ulver(ウルヴァー)やKatatonia(カタトニア)とも比較されてきた。」などと評され、実にハードロック、オルタナティブ・ロック、ポスト・ロック、スピードメタル、デスメタル、サイケデリック、ブラックメタル、ドゥーム・メタル、スラッジ、プログレッシブメタル、エクスペリメンタル、アヴァンギャルド、アンビエントまで広いジャンルのアーティストと比較されている(metal.de: http://www.metal.de/black-metal/review/solstafir/5992-masterpiece-of-bitterness/ 、Metal1.info: http://www.metal1.info/metal-reviews/solstafir-otta/ 、Sputnikmusic: http://www.sputnikmusic.com/bands/Solstafir/10481/ 、Encyclopaedia Metallum: http://www.metal-archives.com/bands/S%C3%B3lstafir/3213
Metal Hammer: http://www.metal-hammer.de/reviews/album-des-monats/article119111/solstafir-svartir-sandar.html Creativeman: http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/08anathema/ )。

アイスランドの出自が語るように、火山マグマや厳しい大地に広がる牧草地など、厳しいが美しいアイスランドの自然の息吹を感じさせるところは、Sigur Rósなどと同質である。

メンバーの脱退、加入を経た後、ネットに上げたデモ等から、2005年にSpinefarm Recordと契約し処女アルバム『Masterpiece of Bitternes』をリリースした。このアルバムは、音楽的には典型的なヴァイキングメタルから離脱し、かなり複雑、多様でプログレッシブなもので、ドゥームメタル、ポスト・ロック、サイケデリック・ロック、アンビエント及びパンクの要素を融合したものであると同時にアイスランドの厳しい自然を体現するものでもある。

Sólstafirは、2010年にWacken Open Airフェスに出場した。その後も、Roskilde Festival, Wacken Open Air, Summer-Breeze Open Air, Party San Open Air, Hole in the Sky Festivalなどといった多くのヨーロッパ最大のフェスで演奏し、2009年と2010年に2度のヨーロッパ全土のツアー及び何回かのショートツアーを行った。

2014年8月29日に5作目のアルバムÓttaをリリースし、音楽フェスティバルやサポートとしての参加ではなく、初めてヘッドライナーとしてヨーロッパ、アメリカツアーを行い、2015年夏にはAnathemaのサポートとして初来日し、東京の恵比寿Liquidroomにおいて2公演を行い、4,5曲、各40分弱の短いセットではあったものの観客らから高評価を得た(http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/08anathema/)。

Sólstafirは、現在ドラマーのGuðmundur Ólif Pálmason(グズムンヅルオゥリパルマソン(愛称Gummi、グッミ)を参加させないまま活動を続けており、公式facebook上には一時正式メンバーの氏名等の記載が削除されていたが、2015年9月1日現在、グッミを除いた3人がメンバーとして記載されている。オフィシャルサイトの来歴ページには、未だ4人のメンバーの写真が掲載されている。

Member

Aðalbjörn "Addi" Tryggvason – Gt, Vo (1995-present)
Sæþór Maríus "Pjúddi" Sæþórsson – Gt (1999-present)
Svavar "Svabbi" Austmann – Ba (1999-present)
(former members)
Halldór Einarsson – Ba (1995-1997)
Guðmundur Óli Pálmason – Dr (1995–2015)

Biography

1994年 他バンドに所属していたAðalbjörn TryggvasonとHalldór Einarsson(ハルドル エインアルッソン)のサイドプロジェクトとして始動
  12月、ドラマーのGuðmundur Óli Pálmason合流

1995年 春、『Í Nordri』のデモ録音開始
  6月、『Í Nordri』限定100部リリース、音楽性はBurzumを思い起こさせる
  12月、新たなスタイルで6曲レコーディング。内4曲がチェコのVew Beyond Recordから『Til Valhallar』のEPとして1000部リリース。その後500部追加プレス
1997年 Halldór Einarsson脱退。その後2年はAðalbjörn TryggvasonとGuðmundur Óli Pálmasonの2ピースとして活動
1999年 ドイツのArs Metal Recordsからコンタクトがありデビューアルバムのレコーディング開始。幾多の遅延と困難がありレコーディングが進まず。
  ベースのSvavar Austman加入
2002年 1stアルバム『Í Blodi Og Anda』のリリース後まもなくArs Metal Records倒産
  『Til Valhallar』の全6曲が再リリース
  セカンドギタリストSæþór Marius Sæþórssonが加入
  2月、当時レーベルとの契約がなかったためデモ『Black Death』の4曲をバンド自らインターネット上に上げる。これが評判となり、3曲がNeodawn Productionsの協力を得たKetzer Recordsレーベルが『Black Death』の7インチEPとして限定500部のEPをリリースしたが、予約で既に完売となった。
2005年 Spinefarm Recordsと契約、初めてアイスランド以外の地でライブを行う。
  12月30日リリースの『Masterpiece of Bitternes』は、ヴァイキングメタルから脱却し、多様でプログレッシブな音楽性を持つアルバムとなった。
2009年 リリースされた3rdアルバム『Köld』は、前作を発展させたもので、中にはKyussを思い起こさせる曲もある。
2010年 Wacken Open Airフェスに出場
2011年 リリースされた4thアルバム『Svartir Sandar』は、前作を発展させたもので、メランコリックな曲からアグレッシブでシュランメル音楽の要素がある曲など多様性に富むもの。
2014年 8月24日にリリースされた5thアルバム『Ótta』は、昔の僧侶や古代アイスランドで使われていた1日を3時間ごとに8分割した時間の計測方法にちなんだアルバムで、各区分ごとに8曲が作られた。歌詞は全てアイスランド語で、様々な季節のそれぞれの時間帯の心情を歌詞にしたもの。

  秋に、音楽フェスティバルやサポートとしての参加ではなく、初めてヘッドライナーとしてのツアー(ヨーロッパ及びアメリカ)を開始した。
2015年 1月23日にバンドのフェイスブック上で、Guðmundur Óli Pálmason(Gummi)は2015年1月22日から予定されているヨーロッパツアーへ参加しないことを表明した。( https://www.facebook.com/solstafirice/posts/10153059922496122 )。
 同日、バンドの公式ツイッターからGummiより「バンドから追い出された」旨のコメント( https://twitter.com/solstafiroffcal/status/558560523630170113
  6月3日に、Gummiより「1月20日にAðalbjörn Tryggvasonから解雇通知メールを受け取ったこと、自分がバンド設立当初から学生ローンでバンドの金銭面を支え、ソーシャルネットワーク作業、デザインも含めバンドストア運営やバンドの会社設立・運営などを一手に引き受けてきたことに対し、何らの保証もなされていないこと、現在弁護士を雇って交渉中であること、Aðalbjörnは解雇の数日前に、個人名でSólstafirの商標登録の申請をしていたこと」などがネット上で主張された。( https://solstafirofficial.wordpress.com/2015/06/03/statement-about-my-forced-absence-from-solstafir/ )。
  6月5日に、Sólstafirのフェイスブック上でGummiの件についてコメントを出すが内容は不明確なままである( https://www.facebook.com/solstafirice/posts/10153409711381122 )。
  8月31日、9月1日に、東京の恵比寿LiquidroomにてAnathemaのオープニングアクトとして初来日し、観客らから高い評価を得た。

Discography

1995年 『Í Norðri』 Demo
1996年 『Til Valhallar』 EP (View Beyond Records, 2003年にOskorei Productionsから再発)
1997年 『Fire & Ice - An Icelanとdic Metal Compilation』 Compilation
1997年 9月 Promo Tape September 1997
1997年 Demo
1998年 Unofficial Promo 1998 Demo
2001年 『Black Death』 Demo (Ketzer Records)
2002年 『Í Blóði og Anda』 (英題は『 In blood and spirit 』) Full-length (Ars Metalli)
2002年 『Black Death』 EP
2004年 Promo 2004 (Svalbard)
2004年 Demo
2005年 『Masterpiece of Bitterness』 Full-length (Spinefarm Records)
2009年 『Köld』 Full-length (Ranka Recordings, Spinefarm Records)
2011年 『Fjara』 Single
2011年 『Svartir Sandar』 Full-length (Season of Mist)
2012年 『Æra』 Single
2013年 『Þín orð』 Single
2014年 『Fjara / Runaway Train』 Split
2014年 『Ótta (Radio Edit) + Til Valhallar』 EP
2014年 『Ótta』 Full-length (Season of Mist, 日本はワードレコーズからリリース)
2014年 『Ótta』  Sampler ep / Bonus: Live au Hellfest  EP
2014年 『Ótta』 Single

Other Works

Aðalbjörn Tryggvasonがベースで過去に在籍していたバンド
Fields of the Filthy (Iceland)
http://www.metal-archives.com/bands/Fields_of_the_Filthy/42151

Recommendation

Primordial(Ireland)

Agalloch(U.S.)

Alcest(France)

Fen(England)

Kontinuum(Iceland)

Links

オフィシャルサイト

Twitter

Facebook

bandcamp

Iceland Music Export

2015年09月10日(木) 投稿者:E.I.